藤田潤 Apple

 

藤田先生は1951年東京都に生まれ、学習院大学文学部哲学科卒業後、文化勲章受賞者で世界的ガラス作家の父・藤田喬平先生の指導のもとガラス工芸の道に進まれました。

風、雲、水といった自然界の気韻や生命の尊さをテーマに、温かみのある色彩と優美な造形による独自のスタイルを確立された。

近年は、ガラスと呼応する色彩のちからをテーマに、吹きガラスならではの透明感のある美しさに加え、鮮やかで力強い色彩が加わった新たな世界を切り開いておられます。

近年精力的に取り組んでいる煌びやかでポップな色彩によるフルーツの詩情溢れるオブジェ作品など、美しい色彩と優美なフォルムが特徴的なガラス作品を多数発表されてきました。